STAFF

山口住田の仲間

WIN-WINの関係を目指して 1日1歩でも前に進んでいきたい

営業1部

阪本 一樹

勤続年数2年

山口住田に入社したきっかけは?
大阪から引っ越してきて仕事を探していた時、それまでは飲食業に就いていて酒類に興味があったので、山口住田を選びました。お酒を運ぶ仕事は体力に自信のある自分に向いているな、面白そうだなと感じました。
主な業務内容を教えてください。
私が所属する営業1部は岩国市内を中心に廿日市市や広島市の五日市までを範囲に、営業と配達をしています。お客様からの注文には、連絡をいただいた当日にお持ちするくらいの気持ちで取り組んでいます。お問い合わせに対しては、正確な情報を届けるために現状を調べ、メーカーにあたるなどして報告します。
仕事の大変なところ、やりがいを教えてください。
お客様のご要望に、いかに早く応えるかが勝負です。時間との闘いですが、それが面白さでもあります。ある焼き肉店がリニューアルした際、特徴づくりとして焼き肉店ではあまり見かけない日本酒、しかも限定酒を提案しました。それが大当たりして完売、再びご注文をいただきました。私が提案したものが人気メニューとなり、お店が繁盛してお客様に感謝され最高な気分でした。取り引きする双方がうれしいWIN-WINの関係を目指しています。
仕事をする上で、心がけていることはありますか。
上司を乗せて運転していたときのことです。上司はある飲食店の電球が切れているのを見つけて、車を降りて報告しにいきました。私たちのお客様ではないんですよ。お得意様を含めて、飲食店を応援したいという心意気に圧倒されました。なかなかそこまでにはいたりませんが、私もお客様のために親身になって考えることを心がけています。
そのために会話を大事にしています。お酒や飲食業のことだけでなく、一般的な情報や知識に幅広く触れておくことが必要です。お客様との会話が広がり、お客様の真のニーズに気づき、お店の方向性を知ることができます。お客様のために何ができるのか、何が結果につながるのか、その答えを早く見つけられるように日々精進しています。
就活生にメッセージをお願いします。
自分から新しいことに挑戦するのにもってこいの会社です。知識がほしい、勉強したいという気持ちに応えてくれ、あちこちにチャンスが転がっているような会社です。前進しようとする気持ちがあれば、そのチャンスを誰でもつかめます。

1日の流れ

8:00出社
近場の空き瓶回収。配達データの確認。積み込み。
9:00出発
積み忘れがないかどうか検品してから出発します。
13:00昼食
移動中に愛妻おにぎりを食べています。
18:00帰社
本日の得意先との商談の内容を日報に記載し、
次に繋がる商品や物件情報をネットで調査。
明日に備えます。
19:00退社

その他の社員紹介